スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する

ミッドナイト・クロス(1981年)

  • 2006/08/28(月) 17:49:45

出演:ジョン・トラボルタナンシー・アレン、ジョン・リスゴー

これは、結構お気に入りの一本です。
監督はブライアン・デ・パルマ。

サウンド・エフェクターのジョン(トラボルタ)は、
仕事に使う音を集めるために湖のほとりで
ひたすら音の録音をしています。
そんな彼の耳にクルマの急ブレーキの音とそのクルマが
崖から落ちて湖に転落する音が飛び込んできます。
慌てて現場にかけつけ、沈む車の中から女性を救出しますが、
男性は助けることができません。
実はその死んだ男性は上院議員、助けられた女性サリー(アレン)は娼婦だったのです。

ジョンの録音したテープの中に、銃声とパンクの音が残されていました。
ジョンは、助けた娼婦と共に犯人を探し出そうとします。
しかし、相手はプロの殺し屋(リスゴー)で、
素人が到底太刀打ちできる相手ではありません。
証拠を握るジョンとそれを消そうとする謎の殺し屋。
手に汗をにぎるサスペンスです。

デ・パルマ監督お得意のじらしのテクニックがこの作品でも
冴え渡っています。
ラスト間際のハラハラドキドキのじれったさは凄すぎます。

そして、最初と最後が皮肉な結果でつながっているところも
「うますぎる!」と、うなってしまいます~。
ジョン・リスゴーの異常さがとても怖いです。

ミッドナイトクロス ミッドナイトクロス
ジョン・トラボルタ (2006/07/14)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。