スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する

出生から死亡までの連続した戸籍謄本

  • 2011/10/26(水) 15:37:59

表題の戸籍謄本。
初めて聞いたときは、何ですかそれ?って感じでした。

役所に死亡届が出されると銀行口座がすべてロックされます。
つまり1円も引き出せなくなるんです。
それを解除するために相続人を決めなきゃなりません。
そこで相続権のある人を全部洗い出すために故人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本が必要なのだそうです。
役所に行って戸籍謄本を取ってくればすむものだと簡単に考えていたのですが、とんでもありません。
我が家は昭和41年に現在の地に引っ越してきたので当地の役所ではそこからの戸籍謄本しか取れませんでした。

そこで今日、引っ越してくる前の地の役所に戸籍謄本の請求書を発送してきました。
この謄本が送られてきたらそこに書かれているもう一つ過去にさかのぼった戸籍と除籍の謄本を取り寄せれば連続した謄本が完成するはずなんですが、届いてみないとわかりません。さらに引っ越しがあったりした場合はさらにさかのぼらなければなりませんからね。

こんな戸籍謄本が必要だなんて全く知らなかったので、あわてて本を読んで勉強しましたよ。
それにしても手続きがこんなに面倒だと銀行口座のロック解除まで相当の時間を要することになりますよね。
何も知らないと家のメイン口座である家長の銀行口座がロックされた場合など、お葬式代とかロックが解除されるまでの生活費とか困りますよね。みなさんどうされていたんでしょう。

我が家の場合は死亡届を出すと銀行口座がロックされるのだけは知っていましたので、連休中にせっせと毎日限度額まで降ろしに行っていましたから、その点は心配なかったんですけどね。

さて、無知な私には届け出のこと相続のことは、以下の二冊がとても役に立っています。
ご参考まで。

身近な人の葬儀後の手続きと届け出一切―自分でできる届け出書式から相続対策まで
身近な人の葬儀後の手続きと届け出一切―自分でできる届け出書式から相続対策まで

磯野家の相続
磯野家の相続




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。