スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する

すごいVFXでした!

  • 2009/11/27(金) 17:03:56

月曜日に映画「2012」(クリックで公式サイトに飛びます)を観てきました。
映画館で映画を観たのは、ずいぶん久しぶりですが、やはり映画は映画館で観るのが一番だと再認識させていただきました。

家族愛に重点を置いたストーリーもよかったし、配役も面白かったです。
スペクタクル映画の主演が、頼りなさそうな優男系のジョン・キューザックというのも異色でしたし、リーサルウェポンのマータフさんが、なんと○○○役で!(笑)
笑うところあり、ウルっとするところありで、とても楽しめました。

で、この映画の見所はなんと言ってもCGです。
すごいリアリティで、圧巻でした。
このCGの破壊を担当したチームを率いたのが日本人の坂口亮さん(クリックで記事に飛びます)
まだ若いのに、すごい経歴の持ち主です。「坂口亮のブログ 」というブログももっていらっしゃるので興味を持たれた方はぜひ訪れてみてはいかがでしょう。単身アメリカに渡り、日々奮闘している等身大の坂口さんを垣間見ることができます。

最後に一言、この映画は手に汗握る展開の迫力満点の映画ですので、ぜひとも映画館の大画面で観てくださいね。おすすめです!


今日はいい日だ!




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する

この記事に対するコメント

2012

 映画「2012」は面白そうですね。単なるパニック
映画ではないようですね。
 また最近のVFXは凄いですよね。以前はCGバレバレ
でしたが、最近のは実写とCGの区別が殆どつきません。
そのCGクリエイターとして、日本人が活躍しているのは
嬉しい限りですね。
 最近は映画館で観ることが少なくなっていますが、たま
には映画館に足を運んでみるのもいいかもしれませんね。

  • 投稿者: skoma
  • 2009/11/29(日) 01:33:17
  • [編集]

skomaさん♪

ハリウッドの映画って、最近はいろいろな面でリアリティを追求しているので、クリエーターさんは大変だろうなと思います。
たった2秒のシーンに専門家チーム6人で6ヵ月もかけたなんて話は、仰天ものでした。

skomaさんも、ぜひ、日常を忘れて楽しんできてくださいませ。

  • 投稿者: kumi
  • 2009/11/30(月) 15:45:01
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。