Blu-spec CDを買ってみました!

  • 2009/01/15(木) 10:18:55

ひょんなことから、「Blu-spec CD」なるものが発売されたというのを知りました。
キャッチが本当なのかどうか試してみたくて早速購入。

ご存じない方に簡単に説明しますと、Blu-Rayディスクの素材と技術を使って作成されたCDなんです。しかも普通のプレーヤーで再生が可能です。
それがどうした?といわれそうですが。

それがすごいんです!

マスターテープと同等のクオリティで原音を再生する高品質CDだと言うことなんで、すごく期待して聴いたんですけど、期待を裏切らないどころか想像以上でした。

ひとつひとつの楽器の音がクリアに聞こえ、本当にオーケストラの生演奏を聴いているような感じです。
言葉ではうまく言い表せないので、ぜひこれはと思う方はだまされたと思って1枚試してみてはいかがでしょうか。

私は、下の写真のバーンスタイン指揮、ニューヨークフィル演奏のドヴォルザークの「新世界より」他3曲とスメタナ「モルダウ」が入っている1枚を選んでみましたが、すごい臨場感で感動しましたよ!
録音は1962年~1965年の演奏です。

Blu-spec CD ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調「新世界より」ほかBlu-spec CD ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調「新世界より」ほか
(2008/12/24)
ニューヨーク・フィルハーモニック バーンスタイン(レナード)

商品詳細を見る


ただ、残念なのはタイトルが少ないこと。
クラシックをもっとたくさん発売してほしいです。




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する

この記事に対するコメント

高音質CD

 最近、高音質CDと呼ばれるものが複数出て来ましたね。
ディスクの素材を変えて高音質を実現するSHM-CD、HQCD、
Blu-spec CDと、マスタリング時に高音質化を目指すxrcd2シリ
ーズがあります。
Blu-spec CDは残念ながらまだ購入していませんが、SHM-CD
とxrcd2は購入しています。
 そのうち、Blu-spec CDも買って試してみようと思っています。
kumiさんによると、想像以上に良さそうですね。

  • 投稿者: skoma
  • 2009/01/16(金) 23:40:08
  • [編集]

Re:高音質CD

skomaさん、こんばんは♪

すごい情報をありがとうございます。
高音質CDというものが、すでにたくさん出ているのですね。
全然知りませんでした。(^_^;)

ぜひ、skomaさんがお持ちのCDを聞き比べた感想などをお聞かせください。
今後の購入の参考にさせていただきま~す。

  • 投稿者: 管理人
  • 2009/01/17(土) 22:15:45
  • [編集]

 遅くなりましたが、高音質CDの感想を述べさせて
頂きます。実はまだ所有していなかったHQCDと
Blu-spec CDを購入して来ました。HQCDの方はサン
プラーで、通常のCDとHQCDの2枚組です。
 SHM-CDもサンプラー版2枚組を持っていますので、
通常CDと比較が出来ます。

 SHM-CD・・通常CDと比較して、クリアかつ緻密な音
      になった感じがしました。
HQCD・・・通常CDと比較して、音の鮮度やダイナミッ
      クレンジが向上したような感じがしまし
      た。
 
 Blu-spec CDはバトルの「アヴェ・マリア」を購入し
ました。通常版との比較は出来ませんが、クリアなソ
プラノ歌声とCDでは味わえないような臨場感が感じら
れました。

 サンプラーは2枚組で1,000円ですので、お買い得
です。

 ちなみに昨年発売された恵美さんのアルバムも、
CDとSACDのハイブリット仕様で高音質ですよ。

  • 投稿者: skoma
  • 2009/01/28(水) 00:56:55
  • [編集]

Re:高音質CD聴き比べ

skomaさん、こんにちは♪

3種類の音源を聴き比べた感想をどうもありがとうございました。

skomaさんのように聞き分けられるかどうかわかりませんが、実際に試してみるのが一番ですよね!
オススメのSHM-CDとHQCDのサンプラーをさっそく発注してみることにしました。

SHM-CDは、村治佳織さんのタイトルなども出ているし、とにかくたくさん発売されているので選択肢が豊富なのも魅力ですね。

Blu-spec CDの臨場感は、ド素人の私にもハッキリと違いがわかるほどなので、かなりハマッてます。(笑)
次は、ヨーヨー・マさんのBlu-spec CDを発注してみました。(きっと目の前でチェロを弾いてもらっているような感じなのでしょう。ワクワクv-353
届きましたら、またご報告しますね。

それと、SACDなんですが、うちには対応プレーヤーがないのです。v-356なので、残念ながらいい音質の方は体験できないのですよね。

  • 投稿者: 管理人
  • 2009/01/28(水) 12:51:53
  • [編集]

 一番早く発売されたSHM-CDはタイトルが豊富ですね。
SHM-CDよりHQCDの方がより違いが分かるかもしれませ
ん。Blu-spec CDもサンプラーを出して欲しいなぁ。
 Blu-spec CDの臨場感が感じられるのですから、かなり
良いオーディオとお耳をお持ちですね。

 SACDは次元の違う音質なのですが、残念ながら専用
プレイヤーが必要なのがネックでなかなか普及しませ
んね。でも恵美さんのアルバムはCD層も音が良いですよ。

  • 投稿者: skoma
  • 2009/01/31(土) 00:42:14
  • [編集]

skomaさん、こんにちは。
コメントをありがとうございます。

HQCDでは、小野リサを発見しました。
サンプラーを聴いてみて良かったら、まだ持っていないタイトルを買ってみようかなと思います。
でも、ボーカルってどうなんでしょうね。
ハッキリ聞こえない方が良いのかも、なんて思ったりもします。(笑)

私はオーディオオタクでも、音楽家でもないので耳は平凡です。(^_^)
我が家のオーディオも相棒任せで、いろんなメーカーのごった煮状態です。
CDプレーヤーとMDプレイヤーは、ソニー。LD,DVD,CDプレーヤはパイオニア。アンプはYAMAHA。スピーカーは、フロントがソニーでセンターとリアがBOSE。
サブウーファーは無し。

ところで、ヨーヨー・マさんのCDを聴いてみましたが、クリアですごくいい音なんですけど、ニューヨークフィルの「新世界より」のような臨場感は感じませんでした。
昔のアナログ録音の方が雑音もみんな拾っちゃっている分リアルなのかしら??素人には理由はよくわかりません。
サンプラーでいろいろ聴き比べてみたいところですが、blue-specのサンプラーは3月発売なんですね。
すいぶん遅いですね~。先に発売すればいいのに、残念。

それと、藤田恵美さんのSACDはCD層も音が良いということですが、その前に発売されているCamomile3種との違いがあるのでしょうか。
すでに3枚とも持っているので、そのベスト盤は必要ないかなと思っています。

  • 投稿者: 管理人
  • 2009/02/02(月) 17:48:35
  • [編集]

 高音質CDは、ボーカルもよりリアルになりますね。
小野リサさんはBSで放送したものを録画しましたが、
5.1ch放送で臨場感ありました。

 うちのオーディオもメーカーバラバラです。
ユニバーサルプレイヤー : マランツ
AVアンプ : ソニー
フロント・センターSP : ビクター
リアSP : パイオニア
サブウーハー : ビクター
ですね。

 ヨーヨー・マさんのCDがあまり臨場感を感じられ
なかったとのことですが、録音エンジニアによって
録音の方法が違うのかもしれませんね。

 Blu-spec CDのサンプラーの情報、ありがとうござ
います。3月になればBlu-spec CDも聴き比べが出来
ますね。

藤田恵美さんのSACDは、マスタ音源こそCamomileの
CDと同じですが、再びマスタリングを入念に行うこ
とによって更に高音質になっています。詳細は下記URL
をご参考にしてください。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20071009/dal298.htm

  • 投稿者: skoma
  • 2009/02/04(水) 00:06:31
  • [編集]

skomaさん、SACDの情報をありがとうございます。
教えていただいたURLの記事を読みました。

恵美さんご本人もご納得の高品質なんですね。
「私はこう歌ってない!」と以前のCDのできあがりにご不満があったようですが、SAを聴いて、「私はこう歌ってたのよ!」と驚かれたエピソードは説得力がありました。

もとのカモミール三部作のCDは、プロが聴くとあまり音が良くないってことなんですね。
なんだかベスト盤も聴いてみたくなりました。
そのうち買うかもしれません。

それとヨーヨー・マさんのCDですが、音はめちゃくちゃいいですよ。激しい演奏の部分は、弦を押さえるクックッという音も聞こえます。(笑)
ベルリンフィルとの共演で、感動的な演奏です。
相棒からは、「またドヴォルザーク買ったの?」とあきれられましたけど。

ところで、skomaさんのシステムには、サブウーハーがあるのですね。やっぱりサブウーハーがあると低音の響きが全然違いますよね。
買おうと思ったこともあったのですが、置く場所がなくて結局断念しました。
なので、うちは5.1ch-0.1オーディオ。(笑)

サブウーハーも組み込んで、「ダイハード4.0」などを観たらすごい迫力なんだろうなぁとあこがれてます。

余談ですが、skomaさんとは、ボーカルの趣味が合うみたいですね。(笑)
藤田恵美さんも小野リサさんも癒し系ですからね。

  • 投稿者: 管理人
  • 2009/02/04(水) 13:10:12
  • [編集]

 恵美さんご本人がそう感じたのは、高級なオーディオ
装置を用い、環境の整った試聴室で聴いたということも
要因のひとつだと思いますね。勿論、カモミール三部作
もかなり音が良いのですが、今回のSACDは、それをも
超えたということでしょう。

 ヨーヨー・マさんのBlu-spec CDも高音質なのですね。
機会がありましたら、試聴してみたいと思います。

 サブウーハーですが、フロントのSPが十分低域が
出れば、必ずしも必要ではありませんね。特に音楽の
場合は… でもやはり映画とかはサブウーハーがあっ
た方が迫力が出ますね。ダイハード4.0はブルーレイを
持っていますが、もの凄く迫力のある音がしますね。
 確かに、置き場所には困りますね… 

 ボーカルの趣味ですが、やはり癒し系やアコースティ
ク系が好みですね。若手では平原綾香さん、絢香さん、
中島美嘉さんなどが好きです。ご存知かどうか分かり
ませんが、グレース・マーヤさんも聴きます。

  • 投稿者: skoma
  • 2009/02/05(木) 22:48:07
  • [編集]

やっぱりSACDは、CDじゃなくてSACDの層を対応プレーヤーで聴きたいですね。
20年以上も現役でがんばってる我が家のCDプレーヤーが壊れたら考えます。(笑)

ところで、発注していたHQCDのサンプラー(クラシック)が、メーカー在庫無しでキャンセルになりました。
3月に別のサンプラーが発売になるようなので、そうしたら買ってみようと思います。
skomaさんのおっしゃるとおり、安い割に結構内容がいいので、すごくお得な感じがしますね。

ボーカルのお話ですが、若い子はぜんぜん知りません。v-356話についていけなくて、すみません。
グレース・マーヤさんも知らなくて、ネットで探したら見つかりました。
試聴してみましたけど、しっとりした声でいい感じですね。
ちょっと試聴しただけなのに独特のムードと世界が感じられて、引き込まれました。
ボサノヴァが好きなんで、「The Girl from Ipanema」は、聴いてみたくなりました。
教えてくださってありがとうございました。

  • 投稿者: 管理人
  • 2009/02/06(金) 16:12:23
  • [編集]

 前コメントには書きませんでしたが、もう使用していない
20年以上前のソニーのCDプレーヤーがあります。電源も
入れていませんので、動作するか分かりませんが…
 最近のSACD/CDプレーヤーは格段に音がよくなってい
ますので、買い換えた方が良いかも知れません。

 HQCDも新しいサンプラーが出るのですね。これも忘れ
ずに購入しないと…  サンプラーといっても中途半端に
制作していないのが良いですね。

 ボーカルのお話です。私は恵美さんと同世代ですが、
若い歌手のボーカルも聞いて、パワーを貰っています。
そして恵美さんの歌で癒されています。ベテランでは
辛島美登里さんも聴きますね。
 グレース・マーヤさんは歌や演奏は勿論素敵ですが、
SACD仕様で音質も素晴らしいです。
「The Girl from Ipanema」は私も持っています。
 

  • 投稿者: skoma
  • 2009/02/08(日) 13:43:37
  • [編集]

そうですよね。そろそろCDプレーヤーも買い替えたほうがよいのですが、優先順位が低いので壊れるまでは使うことになりそうです。v-356

グレース・マーヤさんは、経歴もすごいですよね。
プロフィールを見て、ビックリしました。

  • 投稿者: 管理人
  • 2009/02/09(月) 12:59:10
  • [編集]

Blu-spec CDのサンプラー

 古い記事のコメントで申し訳ありません。

 先日、Blu-spec CDのサンプラーを購入して来ました。
ジャズ編を買いましたが、後発にもかかわらず、1,500円と
500円お高いのはソニーだからでしょうか(笑)

 早速聞き比べてましたが、思っていたよりも違いがあり
ました。特に1曲目のマイルス・デイビスのトランペットの
音色の艶が全く違いました。6曲目も、臨場感が更に広
がり、まるで中ホール(CD)から大ホール(Blu-spec CD)で
聴いているような感覚でした。

  • 投稿者: skoma
  • 2009/03/16(月) 23:16:21
  • [編集]

skomaさん、おはようございます。

Blu-spec CDのサンプラーのご報告、ありがとうございます。
ジャズでも、違いがはっきり分かるのですね。
Blu-spec CDの臨場感はホントにすごいですよね。
音の広がりがいいし、それぞれの楽器の音がクリアなので、聴いていて気持ちがいいです。

ヘビーなジャズはちょっと苦手なので、買うのをためらっていましたが、スタンダードヴォーカルのものでも1枚買ってみようかしら…。

ご報告が遅れてしまったのですが、私もSHM-CDとBlu-spec CDのサンプラーを買いました。
クラシックだったのですが、Blu-spec CDの方は、ド素人の私でも違いが分かりました。特にバッハの無伴奏チェロなんて目の前でどなたかが演奏してくださってるような感覚です。

それに対してSHM-CDは2回聴き比べただけですが、大きな違いはわかりませんでした…(涙)。多少、音がクリアな気がしましたが。
間を空けないで、交互に同じ箇所を聞き比べるなどしてみれば違いが分かるのかもしれませんが、私には情けないことにほとんど違いがわかりませんでした。とほほ。

それと、まだ届いていませんがHQCDのサンプラーも予約しています。

サンプラーは、クラシックのオムニバスとしては、安価でいい演奏が入っているのでお得感があります。
確かに、ソニーは500円高いのが気になりますが…(笑)

  • 投稿者: kumi
  • 2009/03/17(火) 09:09:28
  • [編集]

 私もヘビーなジャズはちょっと苦手ですね。
ジャズボーカルものの方が好みです。
 ジャズの方が違いが分かりやすいかなと思って
ジャズ編を購入しましたが、Blu-spec CDは、ク
ラッシックも違いが分かるのですね。私も買って
みようかな? さすがに後発だけあって音質は良
いですね。

 SHM-CDの方は、確かに違いが分かりにくいかも
しれませんね。誰かにかけて貰ったとして、通常の
CDかSHM-CDかどっちだと言われても、判断できな
いかもしれません。
 でも、HQCDの方は多分お分かりになると思います。

  • 投稿者: skoma
  • 2009/03/19(木) 01:05:30
  • [編集]

skomaさん、フォローありがとうございます。

SHM-CDは、自分の耳が悪かったわけじゃなくて、ちょっとほっとしました。(思いやりでそうおっしゃってくださったのかもしれませんが…)

ところで、来ました!HQCDのサンプラー。

さっそく聴いてみましたが、これは違いがはっきり分かりました。
Blu-spec CDを先に聴いてしまったので、初めて体感する感動みたいなもの(ありがた味みたいなもの)は、薄れてしまいましたが、この2種類(Blu-specとHQ)は、いい勝負かも。。。

でも、Blu-specは、聴き比べるまでもなく、初めて聴いたときにすごい音だと思ったので、私はBlu-specに軍配を上げますけどね。

ごく普通のオーディオシステムで、これだけ違いがはっきりするとどちらも買う価値があるなぁと思えます。
(すでに持っているCDを買い直そうとまでは、思いませんけど)

でも、やはり究極はSAなんでしょうね。
これはいつかプレーヤーを買い換えるときのお楽しみにとっておきます。(笑)

  • 投稿者: kumi
  • 2009/03/19(木) 18:02:50
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する