ピラカンサの花が咲きました

  • 2011/06/14(火) 09:04:12

去年の秋に買ったピラカンサの花が咲きました。
といっても、撮影したのは1ヶ月前ですが。(笑)
花の付き方が変なのはご愛敬。鉢に値札がついているのもご愛敬。
こんなに小さいのに、赤い実とオレンジの実がなる2本の木の寄せ植えです。

ピラカンサ全体

ピラカンサアップ






    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する

この本はお勧めです

  • 2011/06/13(月) 08:18:57

面白い本を読みました。
災害にあったときに、人はどんな行動をするのか。
どんな心理が働くのか。
こういうときだからこそ、学習しておきましょう。
生死を分ける判断が必要になる「いざというとき」に、この本に書いてある防災心理が役に立つと思います。

物が自由に手に入るようになった今、やっと我が家もいざというときに備え水と食料の備蓄を始めました。
1ヶ月は支援物資がなくても大丈夫です。
皆さんも、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」とならないよう、水や食料や防災グッズの準備をしておきましょう。
有事には、たった1日で物が買えなくなるってことが明らかになりましたからね。
最近では、ガソリンもこまめに給油するようにしています。(燃費にはよくないんですが。。)

表紙の扉に書かれた著者の解説
以下引用--

これまで防災意識を高めるためには「関東大震災が来るぞ!」「また地震が発生したぞ」という危機感の煽りが常套手段だった。
しかし、恐怖や不安感に掻き立てられる行動は長くは続かない。
それどころか、恐怖や不安が大きすぎると、それをあえて無視する心理が人には働くのだ。
その証拠に、今、日本中に漂うのは「何をしても無駄だ」という無力感と「自分だけは大丈夫だろう」という根拠無き楽観だ。

本書では、恐怖感を煽ることはしない。

ただ、災害を目の前にした人がどういう行動を起こすものなのか、どういう心理状態に陥るのかを、知っていてほしいと考える。
それを知ることが、本当の防災対策になると思うからだ。

引用終わり--

人は皆「自分だけは死なない」と思っている -防災オンチの日本人-
防災システム研究所所長 山村武彦著


人は皆「自分だけは死なない」と思っている -防災オンチの日本人-




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する