スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する

このドキュメンタリーはぜひご覧になってください

  • 2011/05/01(日) 10:48:01

2008年の番組をリンクしておきます。

この番組が深夜に放送されると、とたんに毎日放送は関西電力から一切CMを流さないという圧力をかけられたそうです。
それでも毎日放送は毅然とした態度で臨み、その番組のディレクターもクビになっていないそうです。
毎日放送に敬意を表してこのブログでも貼り付けたいと思います。
今では、ネット上でたくさんの有志によりこの動画が流されています。

当時の毎日放送と同じ状況が現在の在京民放にも言えます。
ただ、民放は毎日放送とは違って相当弱腰です。
広告収入が減ることを恐れてなのか民放各局は踏み込んだ取材を行いません。
最近では原発の報道が激減しています。
今では民放は震災前にすっかり戻り、脳天気な番組を流し続けています。
原発の危機的状況は、まったく変わっていないのにです。

こんなことが許されていいのでしょうか。
みなさん、想像力が欠如していると思います。
福島の原発周辺に暮らしていた人たちと同じ状況が自分に起きたらと考えてみてくださいね。
自分は大丈夫というところに立って物事を考えている人が多すぎます。
原発賛成派の人たちは、そんな人ばかりではないでしょうか。
家も、家財も、仕事も、豊かな生活も、全部捨てて他の地へ行けと言われる恐怖。
なぜ、他人事で済ますことができるのでしょうか。
これは電気を使っているすべての人たちの責任なのです。

それと、今現在も原発内で命をかけて働いているたくさんの方たちが残っていることも絶対に忘れないでください。
その方たちに対して常に感謝する気持ちも忘れないでください。

なぜ警告を続けるのか~京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち~(約50分)
http://youtu.be/2bHW8sKLX-s




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。