スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する

おまけCD付きカフェラテ&カプチーノ

  • 2006/11/14(火) 16:16:01

omake.jpg


スーパーの食品売り場でウロウロしていたら
おまけ付きのネスカフェのカプチーノとカフェラテを見つけました。
このシリーズは甘すぎるので、ちょっと苦手なのですが
おまけに釣られて買ってしまいました!
(シュガーレスの方には、おまけが無いのだ。ひどっ。)

おまけというのが、小野リサさんの歌1曲入りCD
3種類あります。
1.On the Sunny Side of the Street(英語バージョン)
  「DREAM」に収録されているのはポルトガル語バージョン
2.Moonlight Serenade(英語)「DREAM」に収録
3.Jambalaya(英語)「ボッサ・アメリカーナ」に収録

1番のおまけつきのカフェラテを買いました。
それが写真のCDです。

飲み物自体は、砂糖が入っていて苦手ですが
買っちゃったので、我慢して飲んでます。(^o^)




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する
スポンサーサイト

24(Twenty Four)第五シーズンに突入!!!

  • 2006/11/13(月) 21:22:47

ついに、「24」もシーズンIVが終わり、
シーズンVに突入となりました。
完全に、はまってます!

とにかく、またもジャック&CTUは
すごいテロ組織と戦わなきゃならず
大変なことになってます。
もう、やめられない止まらない。の世界です。

しかし、のっけの第一話から
大ショックな出来事があり、しばし呆然としてしまいました。。。

面白いけど、何処がって言えないのが
このドラマの辛いところですね。
ネタバレになっちゃうから。
まだ見てない方は、絶対おすすめです!
シーズン1から、しっかり見てくださいね。




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する

コンサートに行ってきました!

  • 2006/11/13(月) 20:51:22

Joao.jpg

11月5日(日)に、ジョアン・ジルベルトさんのコンサートに行ってきました。
申し込んだのが遅かったので、席は2階。
ぜんぜん、遠くて顔が見えませんでした。
オペラグラスを持って行ったけど、それでも顔の表情までは見えず!!!
重くても双眼鏡を持って行くべきでした。

ジョアンさんのコンサートは2度目です。
前回は、2003年の初来日のとき。
あの長~い沈黙のあったパシフィコ横浜でした。
その沈黙の間、手が腫れるくらい拍手し続けたっけ。
懐かしいなぁ。

今回も5時開演予定でも、おきまりの大遅刻。
「開演の時間を過ぎましたが、アーティストがまだ会場に到着していません」のアナウンス。
2003年の時と同じです。
ブラジル時間なのかな。(^o^)

5時40分頃に「今、ホテルを出ました」のアナウンスで
会場は大爆笑と拍手。でも、ホテルから近かったからか10分後には、会場に到着したというアナウンスがありました。
実際に始まったのは、5時55分。
ギターを持って、ステージに現れたジョアンは
この日もまたスーツ姿でした。

遅刻なんてなんのその、始まってしまうとジョアンさんの世界にどっぷりです。
職人のようにギターでボサノバのリズムを刻み、
素朴で優しい声が、静かに語りかけるように、
包み込むようにボサノバを歌う。
ジョアンさんが生み出す歌と音楽が、時を止めてゆったりと流れていく。
そんな感じの世界です。

さすがに駆けつけてすぐの1曲目はちょっと、息切れしてましたね。
ご本人も息切れのジェスチャーつきで、何かおっしゃってました。
何とおっしゃってたんでしょ?

前半は、自分の知らない歌がほとんどで
ジョアンさんの曲って、ずいぶん沢山あるんだなとつくずく感じました。(単に私が有名な曲以外は、あまり知らないってだけかもしれませんが。。)
ちなみに後半は好きな曲ばっかりでした!

ジョアンさんは、75歳のご高齢で、ギター一本で、33曲(数え間違ってたらごめんなさい)を歌い続けるのですから、すごいです。終わったのは8時を少し回ったところでした。
ただ、心配だったのは、Waveを歌ってるとき。
低い声が出にくくて辛そうでした。

今回はコンサートだけでなく、全4回の公演のうち、後半2回の公演を収録したDVDを作るということでしたのでできあがりが楽しみです。ぜったいに欲しいです。

日本が大のお気に入りになってくれたことは
ホントに嬉しいです。
元気なうちは、何度でも来て欲しいです。

ところで、今回の来日を記念して
このCDがリリースされました。
中原仁さんが選曲したベスト盤だそうです。

ジョアン・ジルベルト・フォー・トーキョー ジョアン・ジルベルト・フォー・トーキョー
ジョアン・ジルベルト (2006/11/01)
ユニバーサルクラシック
この商品の詳細を見る


■収録曲
01) Chega de Saudade
  想いあふれて (Tom Jobim/ Vinícius de Moraes)
02) Águas de Março
  三月の水 (Tom Jobim)
03) The Girl from Ipanema with Stan Getz and Astrud Gilberto
  イパネマの娘 (Tom Jobim/ Vinícius de Moraes/ Norman Gimbel)
04) Ela É Carioca
  彼女はカリオカ (Tom Jobim/ Vinícius de Moraes)
05) Falsa Baiana
  偽りのバイーア娘 (Geraldo Pereira)
06) Palpite Infeliz
  不幸の予感 (Noel Rosa)
07) Eu Sambo Mesmo
  僕のサンバ (Janet de Almeida)
08) Ave Maria no Morro
  モーホのアヴェ・マリア (Herivelto Martins)
09) Doralice with Stan Getz
  ドラリッシ (Antônio Almeida/ Dorival Caymmi)
10) De Conversa em Conversa
  話から話へ (Lúcio Alves/ Haroldo Barbosa)
11) Não Vou pra Casa
  僕は家には戻らない (Antônio Almeida/ Roberto Roberti)
12) Eclipse
  エクリプシ (Ernest Lecuona)
13) Acapulco
  アカプルコ (João Gilberto)
14) Um Abraço no Bonfá - Live
  ボンファに捧ぐ (João Gilberto)
15) Bim Bom - Live
  ビン・ボン (João Gilberto)
16) Corcovado with Stan Getz and Astrud Gilberto
  コルコヴァード (Tom Jobim)
17) Isaura with Miúcha
  イザウラ (Herivelto Martins/ Roberto Roberti)
18) É Preciso Perdoar
  許してあげよう (Carlos Coqueijo/ Alcivando Luz)
19) Desde Que o Samba É Samba
  サンバがサンバであるからには (Caetano Veloso)
20) Desafinado
  ヂザフィナード (Tom Jobim/ Newton Mendonça)




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。