スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する

映画「ゴールデンスランバー」

  • 2017/05/02(火) 21:00:00

ゴールデンスランバー

この映画は年末にテレビで一回観たのですが、もう一度観たくて、

Amazonプライムで観れるようにならないかしら。。。。と

期待していたのですが、未だに無料にならないので

廉価版DVDを買いました。

「ゴールデンスランバー」2010年1月公開
出演: 堺雅人, 竹内結子, 吉岡秀隆, 劇団ひとり, 香川照之、他

ごく普通の宅配便のお兄さん(堺雅人)が首相暗殺の犯人にでっち上げられ

証拠を捏造され訳も分からず逃げまくるお話。

ケネディ大統領の暗殺犯として、でっち上げられ(といわれている)

真実を明らかにする前に殺されてしまった

オズワルドのように、警察に追われる身に。

最初から最後まで逃走し続ける主人公。

ちょっと気味悪い粘着質タイプの刑事たちが執拗に追ってくる。

色々な場面の回想シーンが伏線になっていたり、何気ないセリフが伏線になっていたりで

とにかく気が抜けません。(伏線だらけです)

「僕の最大の武器は『信頼』だ」なんて、

とにかくいい人だから、昔の大学時代のサークル仲間たちも、

指名手配犯も、入院中の患者さんも主人公を放っておけない。

そしてみんなを巻き込んですごい結末へ展開していきます。

ビートルズのポールの「ゴールデンスランバー」がバラバラになったメンバーを

再びつなぐことはできなかったけど(竹内結子のセリフだったかな?)、

大学時代の仲間たちは「ゴールデンスランバー」でつながっていきます。 

とにかく、まだ観ていない方は面白いのでお勧めです。

もうひとつ、この映画の見所は、

たとえ全く非の打ち所も無い善人であっても

権力側にいる人たちが その気になれば

真犯人にすることなんて簡単だって事。

そして、デジタル機器社会の現在はどこに逃げ隠れしても

遅かれ早かれ見つかるという事。

今年観た映画「スノーデン」でも、取り上げられていますが

アメリカだけでなく、もう日本も監視社会の仕組みができあがっているそうです。

スノーデン氏の最初の勤務地は横田基地。

そこで日本の監視システム作りに携わったとのこと。

電話もメールもSNSも、あらゆる電子情報は監視サーバーに吸い上げられています。

私たちが日頃、GoogleやYahoo!で

キーワード検索をかけて調べ物をするような手軽さで

私たちが言ったこと、書いたこと、どこで何を買ったか、

どこに居たかなど簡単に特定することができるのです。

そういう社会で今、私たちは生活しているという状況をわきまえて

この映画を観るとさらに怖さは倍増します。

実は、フィクションなのに全くの絵空事では無いかもしれないのですから。。。




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する
スポンサーサイト

ゼロ・グラビティ

  • 2014/01/22(水) 12:32:24


もう一度みたかったゼロ・グラビティを観に行ってきました!

今回はお初の3Dで。
すごい迫力でした。
ディズニーランドのアトラクションの長時間版といったところでしょうか。

ストーリーも感動的で、次から次へと起きる困難を必死で乗り越えて、生還しようとする主人公のライアン(サンドラ・ブロック)に、またもやとびきり大きな勇気をもらって帰ってきましたヨ。

二回目だからストーリーが分かっているんですけど、同じところで泣きました。(笑)

アカデミー賞にノミネートされましたけど、オスカーを取ってほしいなぁ。




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する

フランス映画「冒険者たち 」を観ました

  • 2013/07/31(水) 18:00:00

TOHOシネマで午前十時の映画祭という企画があって、

2週間単位で昔の映画を1作品1000円で上映しています。

私の場合、昔の映画は観ていないものが多くて、しかも観たことがあっても

DVDやテレビのみで映画館で観たことがないものがほとんどです。

なので、映画好きだけど最近ちっとも映画館で観たい映画がない私には

願ってもない企画なのです。TOHOシネマズさんに感謝です!

すでに、この企画では

「大脱走」「タワーリング・インフェルノ」「2001年宇宙の旅」「慕情」を観ました。

で、今回観たのはフランス映画の「冒険者たち」。

これは、作品自体を初めて観ました。

1967年製のけっこう古い映画なのですが、

今見ても全然違和感がないくらい新鮮でした。

ネタバレになるのでストーリーは詳しく書けませんが、

深い友情で結ばれている二人の男マヌー(アラン・ドロン)と

ローラン(リノ・ヴァンチュラ)の元に一人のキュートな新鋭芸術家の卵の女性

レティシア(ジョアンナ・シムカス)が現れて、意気投合し、

3人の間になんともいえない絆みたいなものができてしまいます。

みんなそれぞれに夢を持っていてその夢に向かって突き進んでいます。

その三人が醸し出す一体感の居心地の良さ。

それがとても楽しそうで、うらやましくて!

わたしも仲間に入れて~と言いたくなるようないい雰囲気です。

でも、知人にだまされたことがきっかけでまずマヌーが行き詰まります。

続いてローランやレティシアもそれぞれつまずいて八方ふさがりに。

そんなときコンゴの海岸に墜落した大富豪を乗せた飛行機の話を聞き、

三人で一攫千金の宝探しの旅に出ることに。

そして大変なことになるのです。。。

これ以上はネタバレになるので書けません。(笑)

私は若くてイケメンのマヌーより、包容力のある中年のローランに惚れましたよ~。(*^_^*)

ということで、TOHOシネマズ海老名で8月9日(金)まで上映していますので、

ご近所の方はぜひこの機会にどうぞ。おすすめですよ~!

冒険者たち [DVD]冒険者たち [DVD]
(2011/12/09)
アラン・ドロン、リノ・ヴァンチュラ 他

商品詳細を見る




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する

WATARIDORI

  • 2010/09/14(火) 08:33:42

野鳥好きだからか、妙にハマってしまった映画があります。
(先週末から一日一回は観ていますよ~。(^o^))
CSのムービープラスHDで放送されていた「WATARIDORI」です。

渡り鳥の生態を壮大な物語風に仕上げてあるフランスのドキュメンタリー映画です。

美しく雄大な景色をバックに、必死に飛び続ける渡り鳥たちの姿は感動ものです。
飛んでる姿を間近に見るだけで、胸がいっぱいになってウルウルしてしまいます。
2001年に公開された映画なのですが、今までこの映画があること自体まったく知りませんでした。
できれば、映画館の大画面で観たかったなぁと思いますが、テレビでも十分に迫力があり美しいです。

この映画のすごいところは、ほとんどの映像が鳥目線で撮られているということ。
自分が鳥たちと並んで、いっしょに飛んでいるような気分になれるんです。
これは画期的なことだと思います。
まだ、ご覧になっていない方は、ぜひご自分の目で確かめてみてくださいね。

環境ビデオとして、流しっぱなしにしておいても良いかと思います。
そのくらい数々の世界遺産、海や川や湖や氷河、北極や南極、砂漠などの大自然が美しい映像です。
日本語版のナレーションは安田成美さん。
やさしく控えめな彼女の声は、この映像にぴったりです。
また、ナレーション自体も詩的で量も少ないので映像に集中することができます。

大自然ではないのですが、ニューヨークをバックに飛ぶ鳥たちのシーンもあります。
貿易センタービルがまだあるときの映像です。なんだかじーんときちゃいました。

WATARIDORI コレクターズ・エディション [DVD]




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する

すごいVFXでした!

  • 2009/11/27(金) 17:03:56

月曜日に映画「2012」(クリックで公式サイトに飛びます)を観てきました。
映画館で映画を観たのは、ずいぶん久しぶりですが、やはり映画は映画館で観るのが一番だと再認識させていただきました。

家族愛に重点を置いたストーリーもよかったし、配役も面白かったです。
スペクタクル映画の主演が、頼りなさそうな優男系のジョン・キューザックというのも異色でしたし、リーサルウェポンのマータフさんが、なんと○○○役で!(笑)
笑うところあり、ウルっとするところありで、とても楽しめました。

で、この映画の見所はなんと言ってもCGです。
すごいリアリティで、圧巻でした。
このCGの破壊を担当したチームを率いたのが日本人の坂口亮さん(クリックで記事に飛びます)
まだ若いのに、すごい経歴の持ち主です。「坂口亮のブログ 」というブログももっていらっしゃるので興味を持たれた方はぜひ訪れてみてはいかがでしょう。単身アメリカに渡り、日々奮闘している等身大の坂口さんを垣間見ることができます。

最後に一言、この映画は手に汗握る展開の迫力満点の映画ですので、ぜひとも映画館の大画面で観てくださいね。おすすめです!


今日はいい日だ!




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する

デジャヴ

  • 2008/03/24(月) 20:22:24

レンタルを復活して、この週末はDVDを観ました。

「デジャヴ」
主演はデンゼル・ワシントン、製作はジェリー・ブラッカイマー、監督はトニー・スコット。
ブラッカイマーの映画にハズレはありません。(今のところ)
うっかりしてて、この映画は来月のスターチャンネルで放映されるとは知らなくて借りてしまいました。
ドジです。でも、すごく面白かったので、十分満足です。
ストーリーはフェリーの爆破で始まるんだけど、その事件後しばらく暗めの展開だったので、危うく気を失う(眠気)ところでした。
しかし、途中からとんでもない展開になって、観ているこっちもデジャヴしまくってしまうという面白さでした。
これから観る人は、最初からしっかりチェックしましょうね。
「これってあのときの…」とか「やだ、そういうことだったの?でも、それってどういうこと?」「なんで、そうなるのよ」「まずいじゃん、あそこの場面につながってる」などなど、ついつい口に出してしまうほど黙って観てはいられない映画でした。(笑)
とってもおすすめです!




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する

ダブル・ジョパディ

  • 2008/02/26(火) 20:39:54

ここのところ、三浦和義の逮捕事件で騒がしい。
何が問題かっていうと、タイトルの通り、ダブル・ジョパディ(double jeopardy:ひとつの事件を二度審理しないという原則)の適用はないのだろうかということ。
つまり、アメリカの憲法では同じ犯罪で二度裁かれないことになっているようなのです。
日本とはいえ、妻殺しの裁判を受け無罪が確定したのだから(かなり怪しかったけど)、この件でもう一回裁判にかけるのはおかしいのではないかということ。
これが、米国の裁判ではなかったから米国で起訴できるのか。よくわかりませんが。
この件で、日本側が強く出られずにオロオロしているのがまた不可解。(笑)

で、この法律を知ったきっかけになったのが、表題の映画なんです。
「ダブル・ジョパディ」 主演:アシュレイ・ジャッド、トミー・リー・ジョーンズ

<あらすじ>ネタバレ要注意(笑)
夫婦と幼い息子3人で平和に暮らしていたお金持ちのヒロイン(奥様)が夫殺しの罪を着せられて裁判にかけられ有罪が確定してしまう。幼い子供を友人に託し刑務所で服役するが、子供の安否を気にして電話をかけたことから、夫が生きていて自分が罠にはめられたことに気づく。失意のどん底にあるヒロインに元弁護士だった刑務所仲間がダブルジョパディという憲法の条項があることを教える。それを知ったヒロインはそれを盾に夫に復讐しようと筋力トレーニングなどをしながら服役し、数年後仮釈放となる。息子を取り戻し、夫に復讐するため二人の居場所をさがすが、夫は筋金入りの悪党で、またも身の危険にさらされることに。

で、どうなるのこの先は…という方は、DVDなどでごらんになってくださいね。(笑)

で仮釈放中のヒロインを監視をする保護監察官(トミー・リー・ジョーンズ)が、すごくいい味を出してます。もちろん主演のアシュレイ・ジャッドもいいです。
最後までハラハラどきどきしておもしろいこと請け合いです。
まだの方は、一度ごらんになってくださいね。

という私も細かいところは、忘れているので機会があったらもう一回みてみたいです(笑)




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する

24 Twenty FourのDVDのあたまに

  • 2007/09/27(木) 16:58:37

変なタイトルですが、DVDをレンタルすると必ず最初に他の作品のコマーシャルが沢山入っています。
かなり長いので、いつもまいっちゃうのですが
スキップできないので、早送りでもして全部観るしかありません。

でも、たまに「え?」と思うような作品があって
リストに加えるのですが、今回もありました。

「サンシャイン2057」っていうの。
噂には聞いてたのですが、知らないうちに劇場公開は終わっていました。公開されたのも知らなかったというのが本当のところですが。
アルマゲドンとエイリアンを足して2で割ったようなお話らしい???なにせ、CMを観ただけなので、よく分かりません。
太陽復活作戦を指揮するチームのキャプテン役が真田広之。
他に「SAYURI」のミシェル・ヨーや「セルラー」「ファンタスティック4」のクリス・エバンスなども出ているようです。
宇宙船で、缶詰になる話なので、撮影に入る前に出演者が1週間くらい共同生活したそうなんです。料理は誰もできないので仕方なくキャプテンの真田広之が作ったらしい。(笑)

で、そんな話を思い出し、観てみたいなとついうっかり、
予約リストの最後の方にこれを追加してしまったのです。
そしたら、「24 Twenty Four シーズンⅥ」の3巻目とこれが今日送られて来ちゃった。

私は、「24」の3と4を待ってたのよ~。
もう、ガッカリ。。。

しょうがない…。今週末は「24」の3巻目と「サンシャイン2057」の上映会になります~。

「24」は、1と2でまたもやジェットコースターな展開になっており、次を観たくてワクワク状態です。
あ~、早く3巻目が観たい!!!

そういえば、CSのFoxチャンネルで24日の月曜日に「24 Twenty Four シーズン4」24時間マラソンをやってました。
ちゃんと午前7時スタートでドラマと放映時間をリンクさせてましたよん。途中の何回かをちょこちょこ観ましたが、何度観ても面白いですね。
私はトニーファンなのですが、シーズン4が一番好きかも。(笑)

「24」について知りたい方は、こちらへどうぞ→http://www.foxjapan.com/dvd-video/24/index_frames.html




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する

来た~!!

  • 2007/09/20(木) 14:24:17

やっとレンタルの「24 シーズンⅥ」が届きました~。
1巻目(6:00~8:00)と2巻目(8:00~10:00)。
これで、今週末は「24」上映会だ。
どのくらい待たされるのかとヤキモキしたけど
意外と早かったですね。ツイてる、ツイてる!
(もう、見始めちゃった人は沢山いるかもしれませんが…)
今から、ワクワクです。




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する

もうすぐシーズン6がレンタル開始ですぅ

  • 2007/08/28(火) 13:39:23

待ちに待った「24(Twenty Four)シーズン6」のDVDレンタルが9月7日解禁です!!!

シーズン5のラストからは、2年後という設定らしい。
「えーっ、このあとジャックはどうなっちゃうのぉ!!」という終わり方だっただけに、この待ち期間が長かったこと長かったこと。
ということで、このタイミングでツタヤレンタルに再入会しました。

しかし、いつから手元にやってくるかは不明。
そこがネットレンタルのじれったさなんですわ。

ちょっと早めに会員になったので
ジャックの前に、ずーっと前に見損なった「離婚弁護士」の1回目を借りることにしました!
この主人公のボス弁:間宮貴子役の天海祐希がハマリ役なのです。
この前、「離婚弁護士2ハンサムウーマン」の再放送をやってたので、しっかり永久保存版で録画しときました!
このドラマを見ると、めちゃくちゃ元気が出ます。

「離婚弁護士3」の企画は無いのでしょうか。
ぜひぜひパート3希望!!!

話はそれましたが、一番見たいのはもちろん「24」ですよ。




    ↑
このブログも参加しています
よろしければクリックをお願いします♪
拍手する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。